自宅でできるAGA検査キットがあるのを皆さんご存知でしょうか?採取棒で粘膜を採取し検査機関に送り約2~3週間で結果がでます。当サイトではAGAの検査キット・病院での検査内容についてご紹介いたします。

医者によっても違うAGA治療と髪毛への対応

AGAに対する治療は病院の方針や医者によって様々で、酷い場合には血液検査も定期的に行わず、有効成分が入っている薬を処方するところもあります。経過写真を撮ったりもせず、薬が効いているかも分からないような治療をされたのでは、長期間通っても髪毛に良い効果を得られませんから、専門病院へ出向いた方が良いです。

専門病院ではAGA治療を開始する前に、血液の検査や血圧の測定をしたり、問診や視診そして触診などが行われ、治療が上手くいっているか知るために経過観察用に頭皮の髪毛の状態を撮影を行います。治療に用いる薬もDHTに作用する薬ばかりでなく育毛剤も用いるほか、頭皮に炎症があることを医者がみつければ抗炎症薬も使いますし、栄養が足りていなければビタミンなど必要な栄養を補給できるサプリメントなども用いて、総合的にアプローチできる方法を選択してくれます。

AGA治療を長引かせないためにも、医者が的確な判断をしてくれる病院に通院することが大切になってきますから、その点でも専門病院の方が利点があります。

病院で治療を受けるだけでなく、髪毛に良いことを自分でも行わなければなりません。頭皮が硬く血行が損なわれているのであればマッサージを行ったり、油っこい食べ物を控える、禁煙や禁酒にチャレンジして見ることも効果的ですし、細胞の修復のためには安眠することも欠かせず、寝不足にならないように日ごろから気を付けましょう。

改善の兆候が見られるようになるのは遅い人で半年ほどかかり、それ以降も通院や投薬などが必要になってくるので、費用面で心配がある人は、おおよその治療費を医者に確認して取り組むと良いです。専門病院の方が、比較的治療費は高い傾向があります。