自宅でできるAGA検査キットがあるのを皆さんご存知でしょうか?採取棒で粘膜を採取し検査機関に送り約2~3週間で結果がでます。当サイトではAGAの検査キット・病院での検査内容についてご紹介いたします。

自宅でできるAGA検査キットについて

AGA検査キットは将来的にハゲる可能性のある人の遺伝子を検査するために、AGAドックで用いられる検査用の道具で、これを使用することで、薄毛遺伝子を数値化して将来の薄毛予防に役立てることができるものです。このキットで検出されるものはCAGリピート数とGGCリピート数で、A(アデニン)、T(チミン)、G(グアニン)、C(シトシン)と4つの人のDNA塩基からなる場所から、アンドロゲンレセプターの活動力を調べます。まずCAGリピート数は、AR遺伝子の中でCとAとGを繰り返す場所があり、この繰り返す回数によって男性ホルモン受容体の感受性の高さを確認します。平均的な数値が22~25で、この数値より低ければ感度が高くなりハゲやすくなると言われています。GGCリピート数は、CAGリピートと同じAR遺伝子の中でGとCで繰り返しており、基準として13~15が通常ですが、この数値が高くなるとAGAの発症率が高まるとされています。AGA検査キットは購入すると自宅に届くので、専門の病院に行かなくても簡単に検査することができるのがメリットです。病院で検査をすれば適切なアドバイスを受けることができますが、検査費用が高いことと、検査および結果がその場ではできないので、何度も通う必要があることから、時間がない人には非常に便利な方法となっています。AGA検査キットを購入すると、遺伝子を採取する道具と様々な書類が一緒に同封されて自宅に届きます。全てに目を通して、遺伝子を採取し、同封された返信用の封筒に入れて送り返せば、通常は3~4週間程度で検査結果が届くようになっています。AGAの発症危険度が書かれているので、これを確認して、将来の薄毛の予防に役立てることが可能です。

AGA検査キットの検査の流れ

AGA検査キットは自宅にいながらでも、将来的にハゲとなっていまう可能性のある人の確率を調べるものです。このキットでDNA塩基配列のCAGリピート数とGGCリピート数を数字として結果を出すことで、薄毛遺伝子を数値化し、AGAが今後発症するかどうかを見極めることができます。AGA検査キットを購入すると、検査キットの他に採取方法が書かれた説明書、検査申込書、遺伝子検査同意書、ID番号シール、返送用封筒が同封されています。まずは、説明書をよく読んで内容を確認してから、DNAの採取をするようにしましょう。DNA採取は頬の内側から細胞を採るようになっているので、口の中を水できれいにすすいでから、同封されていたカルポーター(綿棒)を使用します。頬の内側に密着させ、間違いなく細胞を採れるように20回ほど回転させ、反対側の頬も同様に行います。採取した綿棒はすぐにはケースに戻さず、触れないようにして10分くらい乾かした後で、ケースに収容します。ケースに同封されたID番号シールを貼り、検査申込書および裏面のAGAチェックシートを記入し、さらに遺伝子検査同意書を記入した後に、返送用封筒に全てを入れ、そのまま郵便局に持ち込むか、ポストに投函します。検査の有効期限は6ヶ月となっているので、検査キットが届いたらすぐにDNAの採取をして返送するようにしましょう。後でいいやと置いておくと、いつの間にか有効期限が切れていたということも少なくないので、素早い対応が重要です。AGAドックに検査キットが届くと、およそ3~4週間後に検査結果が届くようになっています。専門の病院でも同様に検査することができますが、検査キットを使うと検査時と結果を聞くために2度の来院が不要となるので、意外と便利な方法となっています。

AGAの病院での検査内容と費用

AGAの病院では、発毛治療を中心とした治療を行っているため、カウンセリングから始まり、検査を受けてから治療を開始します。AGAの検査では、血液検査などの一般的な検査だけでなく、頭髪治療に特化した専門的な検査を行っている病院もあります。血液検査では、薬を投与することで身体に何らかの影響を与えないかなどを判断するために検査を行います。血液検査と併せて、血圧測定なども行うことが多いです。専門的な検査には、適した治療薬を調べることができるAGA関連の遺伝子検査、ミネラルのバランスを調べることができるミネラル検査、男性ホルモンに対する感受性を調べられるアンドロゲンレセプター遺伝子検査などがあります。これらの検査をもとにひとりひとりに合わせて治療薬を決めていくことになります。基本的は、初回に検査を受け、その後6ヶ月ごとに定期的に受けることになります。初診時には、カウンセリングから初診、検査をうけるため、時間に余裕を持って予約する必要があります。
費用としては、初期費用に2万円から3万円、月額費用に1万円から3万円が相場とされています。一般的な病院に比べると治療にかかる費用が高くなりますが、その分、細かく経過を見ることが可能になります。AGAの病院では、ミノキシジルやビタミン類、抗炎症剤を処方することが出来るだけでなく、毎月来院することで、診察や経過写真を用いて客観的に効果を見ることが可能になります。一般的な病院の場合は、検査や診察を行わないケースが多いため、個人が常に気を配りながら内服する必要がありますが、AGAの病院の場合は、専門医が診断してく、その都度、状態にあった薬剤を処方してもらうことができます。
■AGA治療薬(薄毛)の医薬品リスト
AGA治療を始めるなら